カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28

カウンター

RSSボタンと広告

Add to Google

My Yahoo!に追加

Subscribe with livedoor Reader



にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ブログ内検索

バーコード

アクセス解析

らーめん大 下高井戸店



今回は二郎への道のシリーズとして、下高井戸にある
「らーめん大 下高井戸店」に行ってきました。


ここの店には2015年の11月に初訪問して以来、
月イチくらいで通っております。
その理由としては

・ふつうにうまい
・麺の量が多すぎない
・味のブレが少ない
・ブタの脂身少な目で胃にもたれない
・昼と夜に営業している
・日曜、祭日も開いてる

いわゆる直系の「ラーメン二郎○○店」みたいなところだと
夜だけ営業とか日曜休みがデフォなのでなかなか通いにくい。

なので、あ~今日は二郎食いたいなーと思いついたときには
この店に自然と足が向くようになった次第。

ちなみにこの日のオーダーは「野菜マシ脂多め」。

ちなみに初回訪問のときは脂多め。
そのときの写真が残ってた。



これから見ると「野菜マシ脂多め」はものすごい量のように見えますが
もやしが大半なので、わりとぺろっとイケます。

次回あたり、「野菜マシマシ」にでもトライしてみるか・・・

らーめん大 下高井戸店
杉並区下高井戸1丁目3−10







PR

ぶたの旨味らーめん とんくる


久々にお食事処のレポートなのであります。
今回は京王線笹塚駅近くにある「とんくる」に行ってきました。

記事つづきはこちらをクリック

最近行った二郎系ラーメン店

暫く途絶えておりましたが「ラーメン二郎への道シリーズ」、
ぽつぽつといろいろなところへ行っておりますので、
まとめて紹介します。

記事つづきはこちらをクリック

沖縄に琉球料理を食べに行ってきた

今回、春休みを利用して2泊3日で沖縄旅行に行ってまいりました。
沖縄といえば琉球料理。
せっかくのチャンスなのでいろいろ食べまくってきました。

手っ取り早くいろいろ食べたいなら居酒屋でしょう、ということで
初日の晩御飯は居酒屋。

まずは、オリオンビールで乾杯。


つづいて、是非食べてみたかったヤギの刺身をオーダー。

沖縄ではおめでたい席などで振舞われることが多いというヤギ料理。
一般的にはヤギ汁という汁物を出すらしいのですが、
これはかなり癖があって沖縄の人でも食べられない人がいるとのこと。
(ヤギ汁の凄さについては山羊地獄が参考になります)

逆にヤギの刺身は臭みもなく普通に食べられるものらしい。



というわけでヤギの刺身到着。
にんにく醤油をつけていただきます。
食べた感想としては「歯ごたえがある馬刺し」って感じ。
噛み締めるとちょっと臭みがありますが、ぜんぜん問題ないレベル。
(ちなみに私はジンギスカンが食べられないほど臭みが強い肉は苦手です)



ヤギの刺身以外にも山羊玉なるものもありました。
これはヤギの睾丸の刺身だそうで
さらに臭みがないらしいです。



続いて沖縄といえばこれ、「ゴーヤチャンプルー」。
自宅でたまに作るときはダシと醤油で味付けしてるのですが、
本場のものは醤油は使わずみダシをしっかり利かせている感じでした。



こちらはおつまみの盛り合わせ、海老のから揚げ、鶏から揚げ
フライドポテト、そして写真ではちょっと見づらいですが
きゅうりとチーズを赤いハムで巻いたものが乗ってました。
なんとなくアメリカの雰囲気も入った沖縄っぽい盛り合わせでした。



そうめんチャンプルー。こちらはダシと塩とにんにくで味付け。
そのうち自宅でもトライしてみたいです。



こちらはコマ貝という貝の煮付け。
サザエのつぼ焼きをオーダーしたらちょうど売り切れとのことで
かわりに勧められたのがこちら。
磯の味をぎゅっと濃縮した感じで、さざえよりもおいしかった。



〆に鮭茶漬け。こちらはごく普通のお茶漬けでした。



居酒屋から宿に戻る途中で寄ったコンビニで見つけた「ポーク玉子おにぎり」。
缶詰のポークランチョンミートを使った沖縄特有のおにぎりで
1個で400キロカロリー以上のボリューム。
居酒屋でおなかいっぱい食べたあとだったので、今回は見るだけにしました。



日付が変わって翌日の昼食は、とあるテーマパーク内に
あった食堂で沖縄そば。
スープはしっかりダシを利かせたタイプでおいしく頂きました。



その日の晩御飯はアグー豚のしゃぶしゃぶ。
ふつうしゃぶしゃぶを食べるときには、味付けポン酢とかゴマだれをつけて
食べることが多いですが、こちらの付けだれはダシ汁。
(写真右上に写っているカップに入っている茶色いのがそれ)
味が濃いポン酢などと比べると肉の味を邪魔せず、肉本来の味を楽しめました。



こちらのお店では、細切りにした葱を敷いて
その上に肉を乗せて食べるスタイルでした。



なんかの炊き込みごはん(名前忘れた)。こっちも香ばしくて美味でした。



さて日付が変わって、こちらは最終日のお昼ご飯。首里城近くのお店。
私はソーキそばをオーダー。



ツレは沖縄そばをオーダー。
こちらのお店、他店と比べるとやや値段が高く
「観光客向けのぼったくり料理か?」などと思っていたのですが
肉の味が絶品。納得の味でした。

さて、料理の話はこれでおしまいですが
せっかくなので沖縄で撮った写真を紹介します。



これ、那覇空港と首里城の間を結ぶモノレールで
「ゆいレール」と呼ばれているもの。
那覇周辺の観光地はほぼこれで回れます。
本数も約10分間隔で運行されていてなかなか便利です。



ホームの写真もとってみました。
乗客の多くは観光客で、このときは特に韓国系の人が多かったですね。



こちらは「国際通り」と呼ばれる、飲食店やお土産店が集まった場所。
沖縄でも大きな観光スポットのひとつです。

>

沖縄らしく、米軍の放出品を扱う店があったり



泡盛の専門店なんかもありました。
ちなみに私は放出品店で自分用のお土産に迷彩柄のブーニーハットをゲット。
ずっと前から探していたものが偶然売られているを発見し、即ゲット。
いやー、これゲットできただけでも沖縄に来た甲斐がありましたわ~(笑



帰りの飛行機の到着待ちのときに見たジンベイ鮫ペイントの機体。
ちなみに那覇空港は自衛隊との共用になっていて
管制は自衛官が行っているそうです。

飛行機待ちをしている間にも、戦闘機が二機、哨戒機が一機
旅客機の発着の合間をぬって離陸していきました。

というわけで琉球料理を食す旅は無事終了。
東京には結構遅い時間に到着したので
なにか軽く食べていこうということで
空港近くで醤油ラーメンを食べたのですが
一口食べて思ったこと、
「う、醤油が入っててしょっぱいなー」

どうやら、沖縄のダシを利かせた料理に馴染んだ舌には
東京の味付けは少々塩辛く感じるようになっていたようです。

琉球料理は長寿料理と言われ、その理由として豚肉をたくさん食べるからとか
ビタミンが豊富な独自の野菜を食べるからとか諸説ありますが
ダシを利かせた減塩料理が多いからでは?と思った今回の沖縄旅行でした。


にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ人気ブログランキングへ